2019年10月07日

2019年10月07日

社会の採点の仕方について

塩釜の学習塾エンカレッジ、千田です。

最近夜が大分冷えるようになりましたね。
体調を崩しやすくなりますので、お互い気を付けましょう。

定期テストの結果が一部返ってきています。
難易度が上がっているため、全体的に点数は
下がっている印象ですが、それでも更に伸ばした生徒もいます。

夏に入塾した生徒で5教科で152点上昇した生徒もいます。
よく話を聞いて理解して、宿題・復習をこなせばこういう結果に
なることもあります。

社会のテストで事前に告知もなく、漢字のとめ・はねの
部分で減点されたという話を伺いました。

文化庁では、「字の細部に違いがあっても、その漢字の骨組みが同じで
あれば、誤っているとはみなされない」との指針が発表されています。

結構前ですが、私が過去に漢字検定を受けた際も、
そのような減点はなかったと記憶しています。

それを社会のテストで実施しており、
今回の定期テストから事前に何の告知もなく、
採点基準が突然変わっています。


せめて事前に告知がないと、対応は難しいのではないでしょうか。
字のきれいでない生徒への嫌がらせとしか思えません。

採点のし直しをお願いしたいです。
私も納得できないので、今後の動向を注視したいと思います。

ホームページもご覧ください。

学習塾エンカレッジ
塩釜市東玉川町8-2NK-1ビル3階
TEL 022-361-9550


encourage_shiogama at 22:51|PermalinkComments(0)